拳法は心と身に胎る、故に   心は純誠に、身は健全なるを要す。  拳法は気と力に発動す、故に   気は旺盛に、力は強靱なるを要す。  技は攻防をつくり、術は勝敗を決す、故に   技は形動を正し、術は変化に妙なるを要す。  法は技術を始め、道は人を育む。故に   法は理に生れ、道は自然に合するを要す。  これを拳法の八要という八要をかね修めるところ、 拳法も、人も、ともに完成の域に到達する。

(故澤山宗海著『日本拳法』毎日新聞社刊より)